Fuko Ishii

EEnglish below

​プロフィール   

1991年神奈川県生まれ。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学卒業、また同研究科修了。2013年 第 82 回 日本音楽コンクールピアノ部門において第 1 位受賞。併せて野村賞・井口賞・河合賞・三宅賞受賞。2015年より渡欧し、ケルン音楽大学を経てバーゼル音楽院修士課程・演奏家課程を首席で修了。

 

2019年 第26回ブラームス国際コンクール第3位入賞。また第2回ドイツ・ブラームスコンクール優勝。SFK Euro Symphony, デトモルト劇場オーケストラとブラームスの2番の協奏曲を共演。

またスイスのJemanuel&Eva Maria シェンク財団のソリストコンクールで受賞、

アルゴフィアフィルハーモニー交響楽団とベートーヴェンの協奏曲第1番を演奏した。

 

2014年 N響「HOPE」コンサートにてNHK交響楽団とチャイコフスキーのピアノ協奏曲を共演。

2015年2月に沼尻竜典氏指揮・桐朋学園大学オーケストラと演奏した三善晃のピアノ協奏曲は

NHK「ベスト・オブ・クラシック」で放送され、好評を博す。

2016年8月には京都市交響楽団定期演奏会において三善晃のピアノ協奏曲を再度演奏。

 

主な受賞暦に2002 年 第 56 回 全日本学生音楽コンクール小学生の部全国大会第 1 位、

2004 年 第9回エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール (ドイツ)A カテゴリー第 3 位、

2008 年 第6回東京音楽コンクールピアノ部門第 2 位、2010 年、日本ショパンコンクール2010第 2 位、

2013年 第 1 回 桐朋コンチェルトコンペティション第 1 位等がある。

 

ラフォルジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭、NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、「ベスト・オブ・クラシック」、日本テレビ「ニュースゼロ」などに出演。尾高忠明、秋山和慶、高関健、現代茂夫、藤岡幸夫、松尾葉子、曽我大介、川瀬賢太郎各氏ら指揮、読響、東響、東フィル、日フィル、神奈川フィル、群響、日本センチュリー、セントラル愛知、ブラショフ・フィル、ヤナーチェク・フィルなどはじめとする国内外のオーケストラと共演を重ねる。

2014年 第1回梅津賞受賞。2014年度 大和市芸術文化未来賞受賞。2012〜2013年 明治安田生命文化財団、

2016~2017年 公益財団ローム・ミュージック・ファンデーション,

2018年 文化庁新進芸術家派遣制度より奨学金給付を受ける。

 

これまで、室内楽を東京カルテット、三上桂子、藤原浜雄、堤剛、Anthony Spiriの各氏、ハンマークラヴィアをEduardo Torbeanelli氏、歌曲伴奏をChristoph Pregardien, Jan Schultszの各氏、ピアノを江崎光世、加藤伸佳、横山幸雄、村上弦一郎、Claudio Martinez-Mehnerの各氏に師事。ドイツものを中心にドイツ、スイス, フランスなど、各地での演奏活動に取り組んでいる。2021年はバーゼル交響楽団、デトモルト室内管弦楽団、神奈川フィルハーモニック交響楽団、ヴァルディヴィア室内管弦楽団との共演の他、ドイツのブリュートナーによるCD発売を予定している。

    Profile

テキ

 Fuko Ishii was born in 1991 in Tokyo into a family of musicians and began studying piano at age of four. In 2019 she got the 1st prize at 2nd Brahms Competition in Germany and got the 3rd prize at the 26th International Brahms competition in Austria. In autumn of 2019, she won also Jmanuel und Evamaria Schenk Stiftung Solist Competition in Switzerland and gave a debut concert with Argovia philharmonic under the baton of Sir Marc Kissoczy with Beethoven Concerto No.1.

 In 2021 she is appearing as a Soloist with Kanagawa Philharmonic Orchestra, Basel Symphony Orchestra and Detmold Chamber Orchestra. In June she has recitals at Bagno Konzertgalarie in Steinfurt, Germany.

 Laureate of many competitions including the 3rd International Chopin Competition in Asia (1st prize), the 58th all Japan Students Music Competition (1st prize), the 9th Ettlingen International Piano Competition (3rd prize) , the Seiler Piano Competition (3 rd prize), the Japan Chopin Competition (2nd prize). In 2013, she won the 1st prize at the Toho concerto competition and the 82nd Japan Music Competition. She currently performs in numerous concerts in Japan, including “La Folle Journee in Kanazawa”, “NHK Best of classic”, “NHK Recital Nova”, both as a soloist and chamber musician.  

 Her international performances include those the concerts at “Euro Music Festival” in Germany, “Livorno Music Festival ”in Italy, concerts in Spain including Palau de la Musica in Barcelona, in Switzerland, in USA, and Romania. She has appeared as a soloist with the Brasov Philharmonic, Poland Krakow philharmonic, Janacek Philharmonic, Euro Symphony SFK, Symphony Orchestra of Landestheater Detmold, and has appeared with Japanese professional orchestras such as the NHK Symphony, Tokyo Metropolitan, Tokyo Symphony, Kyoto Symphony, Kanagawa Philharmonic, Central Aichi Symphony, Japan Philharmonic, Yomiuri Nippon Symphony, Gunma Symphony Orchestra. In 2018 she gave recitals with program Hammerklavier Sonata of Beethoven Op.106 in Bechstein Zentrum Cologne and Bösendolfer Salon Tokyo. 

 Fuko graduated with distinction from the Toho Gakuen School of Music in Tokyo 2014. After studying in the Hochschule für Musik und Tanz Köln ,she has been studying Solo Performance with Prof. Claudio Martinez- Mehner, in Musik Akademie Basel, where she  also worked on chamber music with Prof. Kernjak. She studied Lied accompany in the class of Prof. Christoph Pregardien in cologne, who is a world leading Tenor Singer.

After getting support from the Meiji Yasuda Cultural Foundation and Rohm Music Foundation, from 2018 she is supported from Japan Agency for Cultural Affairs

In 2020 she graduated Basel Musik Akademie Master Solist. In 2021 her first CD with piece of Brahms will be released by Blüthner and Erich Thienhaus-Institut.

フラワープリント